GoogleAppsScript(GAS)でGoogleDocsを作成(そして、Driveへ保存)


概要

GoogleAppsScript(GAS)で、GoogleDocsを作成し、Driveへ保存する方法をお伝えします。
GASで作成することで、任意のテンプレを埋め込んだり、タイムスタンプを容易に埋め込んだりすることができます。

手順

・GoogleDocsの作成
myFunction()にて、以下のコードを実行してみてください。

make_docs_rootfolder.js
DocumentApp.create({Docsのタイトル});

これで、ルート直下に引数と同じ名前のGoogleDocsができているはずです。

・GoogleDocsを任意のフォルダへ移動させる
大まかにいうと、特定のフォルダへコピー → 元ファイルを消す、という流れになります。
myFunction()にて、以下のコードを実行してみてください。

make_docs.js
docs = DocumentApp.create([Docsのタイトル]);
var ssId = docs.getId();

// docsをGoogleDrive内にてあつかえる様にする。
var file = DriveApp.getFileById(ssId);

// GoogleDriveのフォルダをIDで指定 → そこにファイルをコピーし、ルート直下のファイルを削除
var folder = DriveApp.getFolderById([フォルダのID])
folder.addFile(file);
DriveApp.getRootFolder().removeFile(file);
var ss = DocumentApp.openById(ssId);

まとめ

Docsの作成は、DocumentApp.create()のみで生成することができます。
また、docs = DocumentApp.create()として、このdocsに対して色々メソッドを使用することで、
GoogleDocsを容易に扱うようになります。
次回は、GoogleDocsに対して諸々を加える方法をお伝えします。